スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピタゴラ装置

勤務先の算数の先生が、「ネットでおもしろい画像を拾った。」といって見せてくれた画像が、日本の某子ども番組の「ピタゴラ装置」の画像の寄せ集めで、びっくりしてしまいました。1年生の算数の時間にみんなで見ました。装置の終了後に、画像に合わせて「PITAGORASUICCHIー♪」と歌う子どもたちがかわいかったです。
スポンサーサイト

語学学校の本音

先月からデンマーク語学学校Sprogskoleに通っています。この学校は、移民、結婚、留学等、デンマークにさまざまな理由で長期滞在する人々が、デンマーク語を習うための学校です。3年以内に卒業すれば授業費は無料です。私はさほど長期滞在でもないですが、希望したら通えることになりました。

入学時に、どのクラスに入るかを決めるための、現段階のデンマーク語能力をはかるテストを受けました。私はなぜかモジュール3というクラスへ行くことに。モジュールは1から5まであって、5まで進むとPD3という、デンマーク語検定試験のようなものを受けて卒業だそうです。でも、田舎の語学学校は規模が小さいので、モジュールごとのクラスではなく、1と2が1クラス、3~5が1クラスで構成されていました。結局、モジュール5に極力シフトした授業を最初から受けることになってしましました。ついていけません。

クラスに入ってみたらインターナショナルでした。クラスにはコロンビア、タジキスタン、ミャンマー、スリランカ、インドネシア、マダガスカル、ベトナム、ギリシャ、等々から来た人々がいます。結婚してデンマークに来た人、難民として来ている人、バックグラウンドはさまざまです。で、デンマーク語と主に英語で互いに会話するのですが、よくよく彼らの話を聞くと、自分の国で戦争や紛争が起こって、ここに逃れた何人かの本音は、デンマークが別に好きでもないし、語学学校も通いたくないのだそうです。それでも通うのは、通えば自治体から補助金が支給されるから、と。やっぱり自分の国に帰りたい、とみんな言うのです。中には、逃れてくる際に、デンマークしか国を選べなかった、知らない間にデンマークにくることになっていたという人もいます。

これで、発音が悪けりゃ通じない、おまけにその発音が難しい(時々デンマーク人なのにデンマーク語がまともに話せない子どもがいるくらい)、そんな言語、習ってどうする?と思うのは自然かもしれません。英語だけでもなんとか暮らしていけますし。なおかつ、外国人から見たら本当にしっかりした社会保障があって、のんびり暮らすデンマークの人々を見ていると、腹が立ってくるのかもしれません。

自分の国に、帰りたくても帰れないって、日本人の私には到底想像しきれないです。

彼らはここに住みつづけることを妥協していると思います。なかには、語学学校にも来ないで、母国語だけでデンマーク人とはコンタクトもとらず、ひっそりと暮らす移民の人々もいます。そんな彼らを、「なぜ、せっかく移住してきたのに言葉を覚えようとしないのだろう?」というデンマーク人もいます。国の受け入れ態勢が整っていても、人レベルの受け入れ態勢は、まだ整っていないのかもしれません。
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。