FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキを焼きたおす

 
試験から1週間。世の働く人たちに申し訳ないと思いつつ、
毎日呆けていました…。
明日、1週間ぶりに大学に行きます。
大学でお世話になった皆さんへ、お礼とお別れのティーパーティを開くのです。

というわけでケーキとクッキーを焼き倒しました。
お茶は日本茶とKUSMITEA(おすすめの紅茶です。http://kusmi-tea.jp/kusmi1.html)、あとは普通のコーヒーを用意して。

写真は
ベリー入りチーズケーキ
チョコがけバナナケーキ
スウェーデン風チョコレートショートブレッド (Svensk chokoladebrød)
フィンランド風ショートブレッド(Finsk brød)
です。しめて30人分。

これらをすべて作るのに
小麦粉 2000g
砂糖 1500g
バター 1500g
卵 16個
クリームチーズ 1200g
使いましたげっそり

こうして書くと餃子の王将のCMみたいですね…。
「小麦粉、一日2000g」

スポンサーサイト

デンマーク人は絶対評価、日本人は相対評価?

「幸福度」日本人の平均は6.5
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1191356&media_id=4¨

毎度思いますが、この幸福度調査、鵜呑みにしないほうがいいのではと…。調査の仕方が悪いのではないかと…。「あなた今幸せですか?」と聞かれて、私は幸せだと思っていても、素直に「はい」と言えないです。

評価が最高だったデンマークの人というのは、絶対評価ができるし、気兼ねしないで答えられます。つまり人と比べないで自分を評価し、人の目を気にしないで、幸せと思ったら幸せって言ってしまいます。では社会は?実際のぞいてみると、夢見るほどすごいわけではなかったな、というのが住んでみた私の本音です。

日本人は、わりと相対評価、他の人と比べて自分は幸せか?と判断しますよね。それに、おおっぴらに幸せでーす!何て言ったら他人の目が光る。だから言わないのではないでしょうか。

とりあえず飲み水と食べ物があって、履く靴があれば幸せです。

つくし!

 
サイクリングの帰りに、つくしを発見しました!デンマークにもあると知ってびっくり。3年半も住んでいるのに、今の今まで見かけたことがありませんでした。

つくしはデンマーク語でpadderok
padde=両生類、うすのろな奴
rok=糸車
なんですけど…何でこういう名前なんでしょうね。

ちなみに英語では「Horsetale」、うまのしっぽです。これは分からないでもないです。 日本では「土筆」。ほんとうに、人の感性、ものの見方ってそれぞれだよなあと思います。

コペンハーゲン桜フェスティバル

4月17日・18日の2日間、コペンハーゲン桜フェスティバルが開催されました。場所はランゲリニエ公園。有名な人魚姫の像のすぐ近くです。

ここの桜は2005年、童話作家アンデルセンの生誕200年を記念し、日本のアンデルセンベーカリーにより寄贈されたそうです。いつもは4月中旬、桜が開花し始めるのですが、今年は4月になっても気温があまりあがらず、桜のつぼみはかなり固いままでした。大使館職員さんの話では、昨年、フェスティバルの様子がTVニュースで放映されたので、今年はデンマーク人の来場者がぐっと増えたそうです。私はプレゼンと試験の直前でした。それでもどうしても行ってみたかったので、17日の夜行の列車(うちからコペンまで列車で6時間)で行き、夕方6時にまた列車に乗って帰る強行日帰り作戦をとりました。

行ってみてびっくりしたのは、コペンハーゲン在住の日本人の多いこと多いこと。いまはワーキングホリデーでデンマークにいけるので、主にデザインを学ぶ若者がコペンハーゲンにたくさん住んでいるのだとか。都会に住んで、日本人同士で情報交換にも困らないだろうし、うらやましい限りです。

さらにびっくりしたのが、コスプレイヤーの多いこと多いこと。
おもしろかったので、写真をたくさんとらせてもらいました。アニメから日本に興味を持つ人がいるって本当なんですね。日本語が話せる人もちらほらいました。アニメを見ていて、セリフを聞いて覚えてしまったそうです。

帰りの列車まで1時間あったので、アンデルセンベーカリーへ入ってみました。内装が、日本の和室をイメージしたと思われるつくりで、とても面白いなと思いました。うれしかったのは、日本的なほんのり甘いベイクドチーズケーキを食べることができたこと。デンマークでチーズケーキというと、レアチーズケーキを激甘にして、生クリームもしっかり乗せて、私の正直な感想をいうと品の無いケーキの事を指します。不思議なことに、隣のドイツと、その隣のポーランドには「ベイクドチーズケーキ」があるのです。でもデンマークには無い。無いのでよく自分で適当に作っていたのですが、多くのデンマーク人に感動されました。私はケーキ屋が開けると。伝統的な日本のケーキ(?)は素晴らしいと。私の腕がいいのではなく、それだけ、デンマークの田舎のパン屋が作るケーキはどれも甘いだけ、ワンパターンでおいしくないというわけです。普通のパンは本当においしいんですけれどね。

さて、列車の発車時刻が近づき、駅に向かうと、チケットカウンターに長蛇の列、国際列車の発車ホームにものすごい人だかりがありました。火山の噴火でフライトがキャンセルになった人たちが、鉄路で家に戻ろうとしているのでした。国際列車はほんとうに寿司詰め状態でした。乗り損ねてホームでがっくりきている人もいたり。この小さなヨーロッパで、いかに普段、人々が空路に頼った生活をしているかを目の当たりにしたのでした。世界は狭い、ヨーロッパから日本までたった12時間、と思っていましたが、いざ、飛行機が飛ばなくなれば、日本までは列車で9日、船で3ヶ月なんですよね…。そういう、火山ひとつですぐひっくり返されるような、もろい便利さの上に私達の生活は成り立っているんだな~と帰りの列車の中で考えていました。

受かりました。


おかげさまでプレゼンと試験は無事終了しました。
そして、念願の修士号をたまわりましたわーい(嬉しい顔)
MSc in (Environmental) Engineering です。

プレゼンは最長45分、英語で行いました。
じつは昨日の午前中までしどろもどろのプレゼンで、正直やばかったのですが、不思議なことに今日はすらすらいけました。何かがはじけたようです。プレゼンをやるときほど、前の職場経験が生きるときはないなといつも思います。

そのあと、質疑応答があり、休憩の後。試験でした。
試験は、教授と1対1で、プロジェクトのありとあらゆる発展のために何が必要かについて1時間近く議論しあうというものでした。それをセンサーが観察して、評価するわけです。こういう試験はもうすでに昨年経験しているのですが、質問は分かっても、どうにも教授側の質問の意図がつかめないことがあり、なかなかつらいです。でも今回は自分ひとりだけで書いた論文なので、自分で内容をきっちり把握している分、議論はわりとスムーズでした。評価は10(*最高12、最低-3)。超びっくりでした。

それにしても夢を見ているようです。ずっと欲しかったものが手に入ってしまいました。試験が終わってちょうど1時間半がたっていますが、今になって疲れが出てきました。早く帰ってゆっくり寝ます。応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

図…私が論文用に書いたオートシェイプ画像、ガソリンがタンクから漏れてまあ大変!の図。オートシェイプ作画は教員時代からの得意技です。きっと今はこんなことしなくても、もっと簡単にお絵かきできるソフトがあるんだろうなあ。

旅行計画、その後

ノール岬へ行こう計画ですが、自分でネットを使って交通費だけ見積もってみました。やはり北欧は、とくにノルウェーはお金がかかります。ヨーロッパからヨーロッパに行くだけ(ヨーロッパ内のパック旅行は、日本の国内旅行並みの価格でたいていなんとかなる。)なのに…交通費だけで目が飛び出そうな金額。もちろん夜行の列車や船を使うので、宿泊代も一部入ってはいるのですが…。

ネックなのは、これ。優雅で、高い…リタイヤしてお金と時間に余裕がある人が、特急カシオペアで北海道に行くようなもんなんだろうな。レンタカーで、船で行く行程を全部車にしてしまえば、費用はぐっと抑えられるのですが、それじゃ味気ない。どうしてもこの船には乗りたいので、船で2泊分行くのをを1泊に変えて、一部をバス移動に変更したりして、費用を押さえ込んで押さえ込んで、それでもまだ、ヨーロッパからヨーロッパへ行くにしては目が飛び出る金額です。ゆえにフィンランドではユースホステルを予約します。いいのです。乗り物にもっともこだわりたい旅だから。

ちなみに私は、変わったところへ行きたがりですが、宿が決まっていない状態での旅はしたことがありません。あのサハリン旅行ですら、宿は決めていきました。(もっとも当時は宿泊・行動日程表を提出しないとロシアは観光ビザがおりなかった。)これは私の、安全に旅行するためのポリシーです。ゆえに私は、アジアのいきあたりばったり放浪とかは勇気が無くてできません…。といいうわけで、今日は国鉄の旅行会社に日程表をだして、いまから取れるチケットを取ってもらうようにしました。夏の北欧は混むので、早めの予約が肝心です。

最近の様子と味噌路無謀旅の計画


渡り鳥が隊列を作って、北のほうへ飛んでいくのを頻繁に見かけます。南アフリカで越冬して、スカンジナビア半島北部へ戻ってくる鳥もいるそうです。春がきたのだなと思います。最近は、日の入りが20時ちかくになりました。つい2ヶ月前まで、17時くらいにはもう暗かったのに。極端すぎでしょう?

私はこれから、試験までのスケジュールと、試験後のひとり旅行の計画を立てます。もう体力もこれからなくなり、ヨーロッパ滞在も今夏が最後になる可能性もあります。せっかくなので、今回もひとりバックパッカーで「端」にいこうと思います。「端」を見るのが好きなんです。昔から。

ここに行こうかと(写真、フラッグGのところ。)。ヨーロッパ最北の岬、ノール岬です。デンマークからスウェーデンに入り、ヨーロッパ最北の鉄道にのって北上します。ノルウェーに入ったら、フィヨルドに沿って進む高速船に乗ってノール岬を目指します。で、帰りはバスでフィンランド方面に南下。個人的に行ってみたい、フィンランドのロヴァニエミにあるサンタクロース村と、ヘルシンキに寄って、最後は飛行機でデンマークに戻るというパターンです。まだ、お金がいくらかかるのか分からないので、旅行会社と相談しないと決行するかは分かりませんが…。できるならぜひ行きたいです!列車泊と船泊がかなりあるので、体力がある今のうちでないと、こういう旅行はもうできないだろうなと思います。

それにしても(メルカトル図法のせいもありますが)、デンマークって他の北欧3国に比べて、すごくちっちゃいですね。

クロサワ映画、「赤ひげ」を見る

いま、黒澤映画のほとんどは、ヨーロッパ各国語の字幕つきでDVDで見ることができます。日本人の格好の語学教材です。わたしもデンマーク語を習おうと思わなかったら、黒沢映画を見ることはたぶん一生なかったと思われます。

今回見たのは「赤ひげ」という映画です。香川京子、杉村春子、田中絹代など、今考えると女優がすごい豪華です…。

あらすじ(wikipedia)はこちら。話は江戸時代が舞台なのですが、貧困、精神病、親子問題など、今現在の社会にも通じる問題をくすぐっている感じがします。

私は、日本人が作った、日本が舞台の、日本語の映画を見ているわけで、共感できるところがあってある意味当然な部分もあるのですが、黒澤映画を見る外国人は、どういうことを考えるのでしょうね。

半年振りの自転車


今日は半年振りに自転車で遠乗りしました。うちからおよそ30km先の町まで往復です。

天気はよかったのですが…向かい風がきついのと、体がなまっていたのとで、帰ってきたら体がガタガタでした。特に膝と腰が痛い。歳をとったんだな~と実感。無理せず短距離から徐々にスタートするべきだったと反省。でも、森の中を自転車でひた走るのは本当に気持ちがいいです。途中でリスとシカを見ました。

IKEAに行ってきました。

 
デンマーク最大規模のIKEAが、北ユランのAalborgにオープンしました。

IKEA自体は、私は他の店舗に何度か行ったことがあります。なので真新しさは感じないのですが 、やはり安くて、質は値段相応かそれ以上に信頼できる点と、梱包がコンパクトで、たくさん家具を買ってもかさばらないのがIKEAの魅力です。

ところで、日本のIKEAに行った方、写真2枚目のような倉庫は、日本にもありますか?デンマークでは写真のように、家具が高く積み上げてあるのが普通なのですが、日本は地震が来るかもしれないから、どうなっているんだろうなと思ったのです。

(IKEA未経験の方へ…IKEAで家具を買う場合、まず組み立て済みの見本を見てまわり、気に入った家具があったら家具の専用ナンバーを控えていきます。一番最後、レジの前に写真のような倉庫があり、控えたナンバーの家具を自分で探して、自分でレジに持っていきます。引越し用品ひと揃えを買おうとする場合は体力が必要です。なお、小物類は店を回りながら、直接かいものカゴに入れていきます。)

今回、私は家具は買いませんでしたが、写真3枚目のカエルとキャンドルを買いました。 カエル…1匹約500円、キャンドル…ひとつ約300円。 キャンドルはデンマークに来てから好きになりました。もの寂しいデンマークの生活に彩を添えてくれますほっとした顔
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。