FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心をしなやかに、穏やかに

デンマークに戻ってきて1週間が過ぎました。
心身ともに調子が戻らないのは、滞在地の気候ががらっと変わったせいだからだと思っていましたが、どうやらそうでもないのかな、と思います。たぶん、今の自分の状況(自分で招いたわけですが)が不安定なのが、ストレスなんでしょうね。就職活動もph.D探しも泣かず飛ばず。金はしっかり減っていく毎日。移民局はいつ退去しろと言ってくるか分からない…そりゃ、ストレスだろうなと。

周りの人たちは、私を気遣って、絵画のギャラリーを見に行こうとか、散歩に行こうとか言ってくれます。ところが、それに「はい、行きましょう」と返事すると、身体に力が入らなくなったり、急に頭痛がしたりして、キャンセルせざるを得なくなってしまう。そのドタキャンぶりに、「ダメよダメよ、むりやりにでも外に出ないと鬱になっちゃう!」と余計に周りがあせる。心配してくれる人たちがいるのは幸せなことなんですが、今は一人でじっと籠もって、しっかり自分の頭と心を整理したい。自分は、問題を抱えている時に他人と気晴らしをしようとすると、かえって気晴らしにならないみたいです。そもそも気晴らしをしても、根本の問題の解決にはならないと思っているタイプなようで。

こういう、何から手をつけてよいのやら迷い、ネガティブな思考がめぐってしまいがちなときに、私がいつも思い出すマンガがあります。田村由実のBASARAというマンガです。その2巻に、こんなシーンがあります。主人公の周りで、立て続けに予想外の出来事が起こり、主人公がパニックになります。ひとしきり泣き喚いた後、主人公は、小さい頃からの家庭教師の言葉を思い出します。(以下、記憶で書いているので、マンガのセリフと若干異なります。)

「混乱したときは、リストを作りなさい。今すぐしなければならないことに赤い印、次にしなければならないことに黄色の印、急がなくてもいいことには緑の印。」

私の現在の状況は、赤…ストレスを軽減すること。そのために、考えてもしょうがない、不可抗力の不安要素(退去のお知らせがいつ来るかとか)と、自分の行動次第で何とかなる不安要素に分け、前者はもう運を天にまかせる、後者は解決法もしくはストレス小康状態に持っていくを方法を整理する。気晴らしのお誘いは、事情を話して丁重にお断りする。

黄…ph.Dの応募。空きポストをヨーロッパ中で探してリストアップ。研究対象範囲をもうちょい広げる。一方で、大きな奨学金の応募アテがある場合は、自分のオリジナル研究を続ける場合の研究計画書作り、なければやらない。

緑…具体的な2010冬までの応募予定表作り。

あとは規則正しい生活予定表を作って、この3軸を基にした「自分プロジェクト」をこなせばよいです。仕事ではなく、単なる自分の心の中の、しかも失敗したくないけど失敗してもいいプロジェクトなのだから、お気楽な話ともいえます。

チリ岩盤事故では、まだ多くの人が閉じ込められたまま、救助を待っています。こういう、ストレスのかかった状態で心の平静を保つには、規則正しい生活をすることだと、ある記事に書いてありました。今も閉じ込められている人々のストレスに比べたら、私のストレスはたいしたことではないはずです。完全に帰国になるかもしれないその時までに、やれることをやりきろうと思います。
スポンサーサイト

1UP

森に入って、キノコを採ってきました。写真は、食用キノコの数々です。

Kantarel カンタレル。炒め料理向き。 
39.jpg

Ametyst-hat アメチュストハット。紫色だからアメジスト。生のままサラダに混ぜるとおいしいです。
40.jpg  


Karl-Johan カール・ヨハン。かさの裏がスポンジ状になっているのが見分けポイント。
41.jpg  

巨大カール・ヨハン。ここまで大きいと、たべてもおいしくないですが、きっと1UPできるでしょう。
42.jpg  


それではみなさん、おやすみなさい。

ビーチ相撲

友人のちちにいさんが参加している、「ビーチ相撲」のご紹介。
「ビーチ相撲」とは、ビーチ で 相撲 をとることです。
最近、NiftyのデイリーポータルZに、ビーチ相撲の様子がアップされました。

詳しくはこちら
http://portal.nifty.com/2010/08/25/c/

新聞とテレビの暗いニュースばっかり聞いてると、心が萎えますからね。
萎えさせるのが目的としか思えませんが~。
こんなときこそ相撲です。関東にお住まいの皆様、ぜひご参加を!

そして夢は(というか現実にしましょう、ちちにいさん。)、デンマーク大会開催です!

NPO法人 日本ビーチ相撲協会HP
http://www.beachsumo.org/

差がありすぎて

日本から戻ってきて以来ずっと、デンマークのうちの地方は、異常な強風と低温の日々が続いています。まだ8月下旬だというのに、気温が日中も10度~15度台。そして、11月か?というような、人が飛ばされそうな強風。今日は車を運転しましたが、風にハンドルをとられて大変でした。港はノルウェー、スウェーデン行きの船がみんな強風のために欠航していました。8月下旬に風で欠航するなんて、ほんとうにめずらしいことです。

私の身体は、まだ日本の夏仕様のままらしく、余計に寒さを感じます。身体をあたためようとして紅茶を飲んでも、すぐに汗だくになってしまう始末。かえって身体が冷えます。あまりに寒いので、今日は町へ出るのに冬用コートと毛糸の帽子を出してしまいました。8月なのに。先週まで、身の危険すら感じるほど暑かったのに。町へ出ると、さすがに冬コートの人は私くらいでしたが、長袖にはおりものの人がほとんどでした。

いまとなっては、あの日本の酷暑が恋しい(かといって今日本に戻れば、暑い暑いと文句を言うでしょうが…)。



またデンマークに帰ってきました。

先週末、またデンマークに戻ってきました。気温38度から一気に20度以下の世界へ。毎日クーラーのない部屋で汗だくになっていた日々から、寒くて上着が必須の日々へ。これだけ一気に変わると、なかなか心身ともに調子が戻りません。

今回、ビザの問題がごたごたし、正直また戻ってくることになるとは思っておらず、行きも帰りも片道チケットで移動という、非常にお金がもったいないことをしました。でも事情が急に一転したのだからしょうがないですね。できるだけ安いチケットを探したら、モスクワで16時間待ちになってしまいました。でも、これが意外と楽しかった。旅の途中の女の子と知り合って話をしたり、日本滞在中にぎりぎり見られなかった映画、「東京島」の原作を読んだり、やたら広い(けど、トイレと店とベンチばかり)のターミナルを散歩したりして、のんびりすごしました。モスクワは10年前に比べて、ずいぶん物価が高くなりました。昔は100ルーブル(およそ300円)あれば昼ご飯が買えたのに、いまはジュース1本くらいしか買えません。でも店員の笑わなさっぷり(愛想が悪いのではなく、客にスマイルという教育がなされていないだけ。話せば実は結構おちゃめ。)はあいかわらずで、なつかしかったです。

実は、私はいま、とても不安定な状態でデンマークに滞在しています。この不況でうまいこと進路が見つからず、もう少しデンマークに滞在して根気よく探そうと思い、ワーホリビザを申請しました。が、それが却下され、1ヶ月以内に退去してね、というお知らせをもらいました。よくよく却下理由を聞いたら、「あなたはワーホリビザを、以前に申請したことがあるから」というものでした。そんなはずないのに。却下のお知らせの書面をよく見ると、最初に1年間、デンマークですごしたときの「インターンビザ」が、ワーホリと取り違えられていたのでした。このインターンビザは、ワーホリ制度が無かった時代に申請したもの、しかも無給で働くこと、就職活動をしないことが条件になっていました。ワーホリよりずっと制限のあるビザだったのです。あまりな勘違いに悔しくなり、日本出発当日の朝、移民局に行って事情を話し、不服申し立てをし、私のワーホリビザ申請を最度審査にかけてもらい、ついでにデンマーク再入国許可もとりつけました。それが完了したのが搭乗の1時間前です。で、こうしてデンマークに戻ってきたわけです。今、落ち着いて考えれば、普通に日本に戻って、日本で博士過程のことをいろいろやってもよかったのですが、勘違い仕事をそのままにして、泣き寝入りするのは悔しくて…。

というわけで、いつまた却下の知らせが来るか分からないわ、ビザがないからどこかで働くこともできないわで、びくびくしながら博士の応募をしようとしているわけですが…。こちらも難航していて、まず行きたい大学に、私が研究したい分野の空きポストができないことが判明しました。教授も私一人雇うお金を持っていないので、自分でどこからかお金を拾ってこないといけません。他の大学の空きを探すという手もありますが、できれば、修士時代の教授の下で研究がしたい。奨学金か、企業スポンサーを探すか。素人の私には情報不足で何から手をつけていいやらという状態です。だれか、デンマークやEU圏で博士をとろうとしている人、もしくはとったという人、資金繰りに関するヒントがあれば、教えてください~。
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。