スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスキレフェスティバル2009に行きましたの巻 第1回

ロスキレフェスティバル関連情報の総合案内ページはこちらです。
http://syltetoejsglas.blog20.fc2.com/blog-entry-469.html


6月28日から7月5日まで、ロスキレフェスティバルに参戦してきました。ロスキレフェスティバルは、1971年に始まった、ヨーロッパ全土で5本の指に入る、大型の音楽フェスティバルです。来場客数はここ数年、10万人前後です。かなりの大物アーティストが来ます。過去の大物アーティストなど、詳細はこちら(ウィキペディア英語版)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Roskilde_Festival

そもそも私がこのフェスティバルに参戦したきっかけは、私の元ホストファミリーがUKロックとへヴィメタルが大好きで、毎年ロスキレフェスティバルに行っていて、私はデンマークに来て以来、毎年誘われていたからなのです。しかしながら2007年は私が怪我をした後で、まだ本調子ではなかったのでパス。この2007年のフェスティバルが連日の嵐で泥泥のフェスティバルだったのをテレビで見てしまい、2008年は参戦意欲をなくしてパス。今年の夏はフェスティバル中に30歳になることだし、景気付けに行きますか。ということで、2年越しでやっと参戦したのでした。

来場客のほとんどはデンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人だそうですが、他のヨーロッパの国からも、オーストラリアやニュージーランドからも参戦するコアな人もいます。

フェスティバルは、ロスキレ(Roskilde)という、コペンハーゲンの近郊にある都市のはずれの、広大な放牧地で開かれます。通常のチケット代は約1700DKK。これで6月28日から7月6日午前中まで、会場内を出入りできます。このほかに1日のみの券がありますが、約800DKKと割高です。フェスティバル中の居住地はテントか、キャンピングカーです。

テントは自分で持ち込むか、テント付きのチケットを、チケット代に500DKK上乗せして買います。テント持ち込みの場合は、あらかじめ決められた区画に、早い者勝ちでテントを建てなければならないので、28日の朝早くから来ないと、いい場所にテントが建てられません。しかもその区画はあまり草が生えていないので、砂埃がひどいです。テント付きチケットを取っておけば、あらかじめ決められた牧草地の区画に、すでにテントが建っているので、会場に早く到着する必要がなく、安心です。

私の元ホストファミリーには、フェスティバルのときだけ再開する「フェス友」がいます。FaceBookをつかって連絡を取り合い、みんなでテント付きチケットを買って、毎年集まっているのです。みんな音楽が大好きで、初参戦の家族や友人、恋人を連れてきて、彼らのうちの何人かがまたフェスティバルにハマり、毎年参戦するようになって、フェス友ネットワークが年々広がっているのだそうです。

それでは次回は、フェスティバルの最初の4日間、通称「ウォームアップデー」についてレポートします。

つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。