FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さら書く、ノール岬への旅 第1回

 今さらですが、6月の旅行のことをここにアップしていきたいと思います。

まず、スウェーデン編。
6月11日、朝9:00に自宅を出て、フレデリクスハウン港へ向かいました。私の家は北の果てにあるので、コペンハーゲンに出て行くより、港から対岸のスウェーデン・ヨーテボリ港へ直接行くほうが、時間もお金もかかりません。

余談ですが、ヨーテボリは、スウェーデンで2番目に大きい都市です。スケートの浅田真央ちゃんが、世界選手権で初めて優勝したのが、このヨーテボリでの大会だったのは記憶に新しいかと思います。一方、フレデリクスハウンは、ただの地方都市で、とても小さな港町。スウェーデン人は、この小さな港町に何をしに来るかというと、ひとつは観光。もうひとつは、アルコール類の購入です。同じ北欧でも、デンマークは日本のように、アルコール類を好きなだけスーパーで買えるのですが、スウェーデンは、専用のリカーショップに行き、身分証明書を見せないと買えないのです。

12:00ヨーテボリ着。ここから列車でストックホルムへ向かいました。ストックホルムへ行くのはこれが初めてでした。

ヨーテボリには、キリンがすんでいます。
43.jpg

ヨーテボリ中央駅。こんな列車でストックホルムへ向かいます。
44.jpg 
45.jpg


17:45ストックホルム着。ここから、ノルウェー・ナルヴィーク行き夜行列車、通称「ノルドピレン」の発車ホームを探します。大きすぎて迷う…。
46.jpg


なんとか発車前にホームを発見。
47.jpg
48.jpg


コンパートメントはこんな感じ。6人用の寝台です。
49.jpg


18:12、ストックホルム出発。私と同じくナルヴィークへ行くスウェーデン人のカップル、途中のアビスコへトレッキングに行くドイツ人のカップル、途中のイェリバーレに住む家族へ会いに行くスウェーデン人男性と同室になりました。イェリバーレに行く男性の話では、この列車で北上していくと、木の丈がだんだん低くなって、だんだん森が減って、地衣・コケ類が増えていくのがおもしろいとのこと。まさに北に向かえば向かうほど、森林限界が近くなっていくわけです。

明日は、スウェーデン国境を越えて、ナルヴィークへ向かいます(世界の車窓から)。つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。