FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い月曜日

最近、ブログには3ヶ月前の旅行のことを書いていますが、日常はというと、毎日求職活動をしています。探しているのは、これまでどおり、環境エンジニアリング関連の仕事と、*PhDポストです。(*デンマークの大学のPhDポストは、給与が出ます。仕事内容がやや特殊な契約社員のイメージです。そのかわり、自分の思い通りの研究ができるとは限りません。このPhDの話はまたいずれブログに書こうと思います。)

月曜日、某大学のPhDポストに応募書類を送りました。たまたまネットで求人を見つけ、おまけに、修士で土壌関係を勉強した人求む!とあり、私の専攻ズバリでした。詳細を電話で聞いたら、50人近くの人が連絡を取ってきているとのこと。うーん無理かな~ここの大学の出身でもないしな~と思いました。でも、この求人を見つけたのもなにかの縁だと思ったので、あとで後悔しないように送りました。仕事には、能力はもちろん必要ですが、応募するのも採用するのも「人」がやること。最終的に採用されるかどうかは、結局のところ、縁と時の運です。

こう、無職&収入なし生活の割に、意外とのらりくらり構えていられるのは、私の周りのデンマーク人が相当好意的に、私の求職活動を応援してくれているからです。それに、先月日本に帰ったときに、いろいろな人から「所詮、仕事は縁。考えすぎて無駄に自分と周りを不幸にしないように。」と念を押されたからです。つまり、「採用されないのを自分の能力のせいにしても、自分を責めて潰してしまうだけ。」「採用されないのを周りの不可抗力のせいにしても、自分も周りの人も不幸になるだけ。」と念を押されているのです。

考えれば、仕事が見つからない理由はいくらでも言えるんです。
仕事が見つからないのは、
私の語学力が足りないせい
私の成績がよくないせい
私のアピール力が低いせい
リーマンショックがあったせい
デンマークの就職にはコネが有効なせい
結婚ビザのない私を採用すれば、会社はいちいち、めんどうくさい就労ビザが必要になるせい
…それが本当に正しかったとしても、それを口にしたところで、ただ自分と周りを不幸にするだけなんです。だから言わない。

月曜日、書類を送った後で、どっと疲れが出てしまい、その日は一日お休みにして、元ホストファミリーのところにお茶をしに行きました。私が書類を送った話から、話がなぜか、世の中の「アンフェア」についてになりました。彼らは、私がデンマークで就労するにはビザが必要で、ポジティブリストに載った特殊職(=医者とか、デンマーク人だけでは足りないかつ、それなりの高学歴を要する職。修士あがりのエンジニアも微妙ながらここに入る。PhDポストには、博士用のビザがある。)でなければビザがおりないことを知っており、そのことについて言及したわけです。その一方で、EU出身者はEU内なら、就労も居住も自由です。でも、EUをひとつの国みたいなものと考えれば、この事実がアンフェアかどうかは微妙ですし、そもそもアンフェアというものは決して100%なくなるものではないです。違って当たり前、違ってなんぼの人間同士が暮らす社会に、完全な平等なんてあるわけない。そのアンフェアに怒って、自暴自棄になったり、文句のかたまりになったり、爆弾を投げる人もいるけれど、根本的な解決にはならない。どんなポジションでも、そこに立った自分を受け入れて、そこからできる限りの事をするしか、もうないよな~と私は思っていて、それを正直に話しました。いまの私の場合は、ひたすら職を探して応募するしかないし、ダメなら日本に帰ってまた仕事を探すだけ。とりあえず日本に屋根つきの家もある。そう考えると、自分はけっこう自由度が高いし、幸せな奴ではないかと。

彼らは、私が日本に帰る日が、ひょっとしたら来るかもしれないことを本当に寂しがってます。でも、「そうなっても今生の別れではないし、飛行機とパスポートで会いにいけるわけだし。日本がそれなりの民主主義国で、それなりの先進国で、それなりに国際理解があってラッキーだよね。」と言ったら、笑っていました。

さて、もっとがんばれたのに!と後悔だけはしないように、明日からも求職活動に励もうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

強いなぁ

気持ちをきちんと整理しながら求職活動していて、
偉いなぁ、と思いながら読みました。

気分転換を自分からしようという余裕(?)ができたのは
やっぱり後悔しないように活動できたからですよね。
そして、「さて気分転換」と訪れられるホストファミリーが居るのが
ちらんちゃん自身が言うように縁に恵まれた一つに見えます。
(自転車50キロ漕いだんだよね?)
素敵なデンマーク生活ですね。

のりすけさんへ

コメントありがとうございます。こっちに戻ってきたばかりの頃は、心身ともにあまりに違う環境になってしまって、正直パニック状態でした。今やっと、落ち着いてきた感じです。

日本にいるときには、あまり考えなくてもできていたことが、外国に来るとできなくなる。そのときに、何が「がんばれば達成できること」で、何が「がんばっても達成できないこと」、何が「何が何でも達成しなければならないこと」なのかを整理して、個々にに対応、ときには諦めという選択もしないと、周りの適切な助けも得られず、自分で自分を潰してしまうと学びました。具体的に「ここをこうして助けてください」といわなければ、人の助けは得られないし、アドバイスも「がんばれ」だけになってしまう。それを「そっけない、不親切。」と言うのはお門違いなわけで。だから、自分の抱えている問題を自分で分析して、自分はどうしたいかはっきりしておかないといけない。これは日本人同士でも同じですよね。

気分転換は、土日は積極的にするようにしています。求職活動しようにも、どの人も土日は休んでいるので進展はないし。そう思ったら、けっこう気楽に休めるようになってきました。気分の乗らない日は思い切って休んで、その分を土日に振り替えたりしてます。自転車こいでます。ここらへん一帯は、町と町の間が離れていて、その間に畑しかないので、自転車で隣町に行こうとすると、おのずと数十km単位で走らないといけなくなるんです(笑)。

No title

いや、本当、今がただdaarligt tidspunktなだけだと思いますよ。うちのラボラントの募集で70人も応募してきたのも異常な事態だと言ってましたし。
でも逆に、それだけ本当に必要としている要件にフィットしている人はあまりいないので(ラボラントも面接に来てもらったのは4人だけ)、もしかすると、土壌関係で募集しているポストは結構可能性あるんじゃないですかね。
いずれにしても、結果がでない原因を考えずにやるだけのことをやるというsyltetoejsglasさんの姿勢はすばらしいと思います。

ところで、今わたしのブログで更新はできるもののコメントができない状態なのですが、リンクの件よろしくお願いいたします。

elsさんへ

コメントありがとうございます。

デンマークに戻った直後に比べて、ずいぶん吹っ切れてきて、逆に求職活動は活発になってきています。能力不相応だの何だのと、あれこれ考えずに応募してしまえ~!と思うようになってきたからでしょうか。そう思うようになってから、何かがいい方向に回り始めています。募集を運良くみつけるようになり、先週末も、私の教授がひとつ、PhDのいい案件を教えてくれました。やれるだけのことをやるしかないです!
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。