FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあった金曜日

デンマーク全国で雪が降っています。今年の1月もそうでしたが、雪が積もってからは、「雪と戦う」というようなニュースがよく流れています。道が埋もれて車が出せない・バスが来ない、車が滑って事故、屋根が雪の重みで崩れる、物資輸送が滞るなど。ふと思ったのですが、デンマークは、20年、30年前は雪がもっと降っていましたし、今でもれなりに降る国なのに、何で毎回こんなに派手なカオスになるのでしょうか。日本にも北海道や東北地方など、毎年必ず雪が降る地域がありますが、そういう地域で、雪で生活に大きな支障が出ているという話題が全国ニュースになることはめったに無かったと思うのです。日本では他にもニュースのネタが豊富なので、問題になっているのに全国ニュースにならないだけでしょうか。それともデンマークの雪対策が日本よりよほどいいかげんなのでしょうか…?気になります。

さて、先週の金曜日は、オールボーの日本の友人宅へ遊びに行きました。やっぱり、日本人同士で話すと、どんな話でも、「痒いところに手がとどいている感覚」がたまりません。おしゃべりが止まらず、ついつい長居してしまいました…。

その日は日本語しか話さない予定?だったのですが、帰りのバスと列車の中で、デンマーク人と話す機会がありました。

バスの中で隣に座ったおばあちゃん、なんとなく目があって、「寒いですねー。」、「でも雨よりは暗くなくてマシですかねー?」から会話が始まりました。デンマーク人は割と、初対面でもプライバシー詮索的な事(これからどこ行くの?とか家族構成とか。)を聞いてくる人が多いので、私も逆に遠慮なく聞いてしまいます。他に時事ネタも無いですし。ところがこのおばあちゃんは、一言聞くと、三言返ってくるおばあちゃんで、デパートに向かうまでの10分間の間に、お孫さんの構成から彼らのクリスマスのプレゼントの候補と予算までしっかり分かってしまいました。成人するかしないかの若者まっさかりの孫7人にプレゼントを選ぶのはなかなか大変!とのことです。でもなんだかんだうれしそうでした。この「おじいちゃんおばあちゃんが話し始めたら止まらない」シチュエーションに、私はデンマークでも日本でも、他の旅先でもよく遭遇します。

帰りの列車の中で向かいに座った、クリスマスパーティ帰りのおじさんは、最初、私を凝視していました。私の顔にハナクソでもついているのだろうかと思って不安でしたが、「あなたはどこから来たの?」とようやく話しかけてきて、「日本です。」と答えると、「いやーやっぱりそうでしたか。グリーンランド人かと思ったのですが、妙に服装がしっかりしているので…(←うーん?)」と、酔い全開でした。

銀行員をしているというおじさんは、なぜか私にこんな話をし始めました。酔っているので止まりません。でも結構マジメな話でした。「デンマークはあと15年か20年もしたら、老人をかかえきれなくなって破綻してしまうかもしれない。老人が増えていくのに、保障の手厚さは変えない。だから働く人は、働くほどどんどん税金をとられる。若者はそれを知っていて、働くだけバカバカしいとあまり働きたがらない。」

デンマークの破綻は、何かデータを見せてくれたわけでも無いのでなんともいえませんが、おじさんが上機嫌で列車を降りて行った後も、働くって何なのか、ずっと考えていました。まずは、お金を稼いで自分で生きていくために働くのですが、そのためだけだったら面白くないし、逆に、世のため人のために働いてなんぼでも、国の保持のためだけに働くような状態になったら、それもやっぱり面白くないでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

充実のおしゃべりデーですね

行きずりの相手とお話しするのも楽しいですよね。
行きずりだからこそ気兼ねなく話せることもあるし。
私もよく、知らない人に話しかけられる方ですが、そう思います。

ところで、雪対策ですが
ニュースで取り上げるのは冬の風物詩的な扱いなのでしょうか?
大晦日になると必ずアメ横が映るような感じ???
でも、日本人は遅れたり不具合が出るのを嫌う勤勉な性格から
消雪パイプやら除雪機やら完備してきたのでしょうねぇ・・・

No title

わたしも今回の雪ですっかり翻弄されたひとりです。
でも、タクシーの運転手もいってましたが、「僕は誕生日が11月25日なんだけど、子供の時は誕生日によく雪が降っていたという記憶があるんだよねー。昔は11月でも結構雪降ってたんだよ。」とのこと。
でも今、雪で打撃を受けるのは、より、人が飛行機や車に依存してきているからなのかなーと思います。そしてアクティビティが増えてより忙しくなってきているからなのではないかと。

デンマーク、今のままでは破たんするでしょうね。同じように高齢化社会になってきているのに、このまま医療費無料、介護はすべて外注では続かなくなるでしょう。わたしは、医療費一部負担しなければならない時代もくるかなーと予想していますが。
それなのに、高齢者福祉は据え置き、教育や育児の負担をより大きくしようとしているDFには腹ただしくなります。移民対策で逃げようとせずに、そろそろ現実をみてほしいです。
若者だって福祉の充実だけに働かされるのであれば面白くなくなってくるでしょうね。

のりすけさんへ

コメントありがとうございます。

人に聞いた話ですが、知らない人に話しかけられやすい人と、そうでない人がいるそうです。自分も道を聞くときは、答えてくれそうな人をなんとなく選びますし。何かあるんでしょうね。最近は、知り合い以外の人は背景の一部のようなもの、という風潮があるので、行きずりの知らない人と話せることはとても貴重ですし、私ものりすけさんと同じように、結構楽しんでいます。

雪対策、「仕方ない」で、除雪以外は特に何もしていないような気がしています。その除雪もまともに来なかったりして、毎回同じカオスになります。でも、もしデンマークが消雪パイプを完備したら、雪が降っても仕事が休めなくなってしまった!とか言って、みんな怒り出したりして(笑)。しかしながら田舎だと、道が埋まって本当に家から出られなくなる人もいるのですが…。

elsさんへ

コメントありがとうございます。

ブログ拝見しました。大変だったようですね。無事に帰ってこられて何よりです。北ユランは、特にHobroのあたりが、雪で大変なことになっています。

この辺のお年よりも、昔に戻ったみたいだって言います。昔は11月も雪が降っていたんですね。でも、道路に消雪パイプを導入することもなく、除雪車も幹線道路以外はいいかげん。日本で、地震対策を個人に任せて、国や自治体で徹底しないのと同じようなものでしょうか。いつ来るかもわからないものだから、事が起こってから考えよう、というような。

やっぱりデンマークは破綻しますかね。医療費は正直、医療制度が向上するならこちらから負担させてください、と言いたいです。私は、かかりつけ医にうまくはぐらかされて、実は日本で毎年一度受けていた検査を、こちらでは受けていません。持病が悪化していないか調べるための血液検査なのですが。「悪くなったら来い」と言われてしまいました。しつこく言えばよかったかもしれませんが、たとえ検査を受けられたとしても、デンマーク人の働きぶりを見るに、その結果も自分は信じられないだろうと思ったので、定職が見つかって収入が入るようになったら、日本で健康保険料を払って、一時帰国の際に検査を受けようと考えを変えました。日本に完全帰国になればもう問題ないですし。

DFって、政策はまわりまわって若者の首を絞めているのに、若者の支持者もそれなりに多いんですよね。本当に人の操作がうまい党です。外人はうまく利用されてしまいましたよね…。

No title

すごい雪ですね~。

確かに私も何でこう天候が悪くなると、夏でも冬でもこんなにもろいのだろう、と思いますね。elsさんがおっしゃるように、移動をたくさんすることが当たり前になっている時代というのもあるでしょうし、人件費がものすごく高いので、影響が大きくなるというのもあるのでしょうね。

知人が以前JR金沢駅で働いていましたが、毎冬、毎日線路の雪かきが仕事だといっていました。高い学歴の持ち主でしたが、それでも体力仕事が職務の一つ。利用者優先で人件費が安い日本ならではだったのだなと今にして思います。


それから、この記事の最後の方で、酔ったおじさんの発言がありましたが、特にここの部分:
「デンマークはあと15年か20年もしたら、老人をかかえきれなくなって破綻してしまうかもしれない。老人が増えていくのに、保障の手厚さは変えない。だから働く人は、働くほどどんどん税金をとられる。若者はそれを知っていて、働くだけバカバカしいとあまり働きたがらない。」

「保障の手厚さは変えない」というところは同じではありませんが、それ以外は日本で以前よく聞いた話と重なるなぁと驚いてしまいました。今の若者は働く意味がわからない、とよく言われていた気がしますが、その理由に、働いても先が見えない、年金だって払ったってもらえるわけが無い、明るい未来が待っているわけでもないし、という意見が多かったきがします。それとすごく近いような気がしました。

デンマークは破綻するといっても、それまでに何とか手を打つだろうとは思いますが(楽観的過ぎますでしょうか)、その中身は、おそらく医療費の一部自己負担(で、サービス変わらずあるいは悪化)、教育費の自己負担等になっていくのでしょうね。SUも現在削減対象と考えられていますし、実際、将来はかなり削減されるでしょう。私の子どもが大学へ行くころは、無料ではないだろうと思ったりしています。

saさんへ

コメントありがとうございます。

人件費の影響、それは気がつきませんでした。たしかに、除雪にしても、あまり丁寧にやりすぎてしまうと、人件費がかさむからできないというのはあるかもしれませんね。除雪は本当に必要なことなので、子ミューナにはきちんと予算を組んでほしいものの、毎年必ず降るわけでもないのに、あまり大きな予算は割けないかもしれません。

働く意味は、わたしもはかりかねています。けれど、他人の人生の世話のために働かされる、というのはやっぱり面白くないのです。冷たいですかね?でも、100%人のために働いても、結局自分を潰してしまって、働けなくなってかえって人に迷惑かけると思うんです。自分の人生の世話のために働くほうが納得できます。無償の愛を完全発揮できるのは、なんだかんだ親から子だけだと思います。

日本のことでも、デンマークのことでもあるのですが、若い人にはお金をかけてほしいなと思うのです。でも、お金をばら撒いてくれなくていいので、お金を自分で用意できるチャンスをばら撒いてほしいです。SUはいらないので、高校を出た後に、どこかの企業で学費と生活費稼ぎのために1ー2年の契約社員として働けるシステムが整えられていたり。若いうちに会社を知るいいチャンスにもなりますし、大学で何を学ぶか考える機会にもなりますし。お年寄りも、若者の今払ってくれる年金で生活するから、覚えの無い恨みを買うことになる。年金も払った分だけもらえる積立制にしてほしいなと思います。医療費も有料でいいので、若いうちから健康維持のコツを知るチャンスを増やしてほしいです。チャンスが豊富にあって、それを使うのは個人の裁量次第、あとはどこまでも自業自得、というなら納得できます。

うーん、書いてみたものの、まとまらなくってすみません~。
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。