FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年を振り返る

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2010年は、デンマークで新春早々に町閉鎖級のドカ雪、日本で酷暑、またデンマークで酷寒を体験、と、メリハリの利いた1年でした。また、前半は念願の修士号取得、その後、ノール岬への旅行と、あのときのタイミングでしかできなかったことをやれたと思っています。

肝心の職は得られずじまいでしたが、おかげで自分の意外な行動力も認識できた1年でした。内内定切りというか、雇いたいのにお金がなくて雇えないといわれてしまったデンマークの某社とは、今でも連絡をとって、「ポジションに空きができたら、私にいつでも連絡ちょうだい!」と大それたことも言っていますし、一方で博士課程を進路に考えるきっかけもでき、他大学の教授のところへ飛び込んだりするのが普通になり、いい意味で、日本人的遠慮をふっきることができました。

2010年後半、いろいろこうして冒険できたのは、収入のない私に、屋根のある家をわけてくれた同居人L、つらい時に親身になって話を聞いてくれたLの家族、元ホストファミリー、そっとFacebookでリアクションしてくれるデンマークの友人達、夏に「がんばれるだけがんばってから諦めてもいいじゃん?」と、もう一度デンマークに戻ることに賛成してくれた母や友人たちのおかげです。

さて、長かったデンマーク生活にもピリオドを打つ時がやっときました。私は今月末、日本に帰国します。日本で、某環境エンジニアリング関係の仕事の面接があるためです。11月頃から、ネットの就職サイトを使って、日本向けの就職活動もしていました。私は歳をとりすぎ、かつ、卒業時期も3月ではなかったので、デンマークで大学院の新卒でも、日本ではエンジニア職は中途で探さないといけないです。そのため、まずこの職にはありつけないと考え、デンマークでずっと就職活動をしていました。なので面接の話が来た時は意外でした。面接に通らなければ無職のままですし、ビザの関係で、もうデンマークにすぐに戻ることもできないので、帰国は賭けです。が、書類専攻を通って面接の案内が来た時、直感で、これは帰るべきサインだなと思いました。デンマークにこれ以上いても、夏には次の卒業生が現れて、学歴に関係ある職を得るのがどんどん難しくなります。だったら、職歴をつけられるチャンスに賭けてみようと思いました。

今後の目標ですが、エンジニアとしての職歴をつけること、そしてそれを利用してまた海外へ出ることです。デンマークにはこだわりません。日本に骨をうずめたいと思った時期もありましたが、他人に自分の意思をくみ取ってもらう環境より、自分で自分の意思を言う環境の方が自分に合っている気がします。それに、もう他人の意思をくみ取る力は、自分は年相応にはもっていないと思います。そういうものが仕事を通じて深く形成される時期に、日本をずっと離れてしまっていたからです。後悔はしていません。

いろいろな意味で日本と超!対極にあるデンマークで、おまけにインターナショナルのかけらもない大田舎で過ごすことができたのはラッキーでした。こんな変わったところで4年以上も過ごせたのなら、もう世界のどんな変わった国でもやっていけると、今ではヘンな自信がついています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どんな苦しいこともすべてポジティブに考え、どんな状況でもフレキシブルに受け入れ人生を歩んで行けるsyltetoejsglasさんなら、日本でも世界の果てでもどこでもやっていけますよ。わたしにとっては、syltetoejsglasさんが日本に帰られてしまうのはさびしい限りですが、今後もいろんな経験を糧にしていかれることを祈っています。
先日伺った体験談、度肝を抜きましたが、これからもどんどんわたしをびっくりさせてください。

elsさんへ

コメントありがとうございます。

デンマーク滞在は、私にとってはショック療法的なもので、それまでは本当に私は、簡単にネガティブのループから抜け出せなくなるほどでした。この田舎で、ネガティブにしかとらえようのない出来事が続きましたが、まわりの反応がすごかったんです。電車がキャンセルになっても「お茶する時間が増えてラッキー。」歯を折っても「目じゃなくてよかったね。」仕事が見つからなくても「Qualifiedがもらえるならすごいじゃん。」、「今はタイミングが悪いんだから思い切って遊んじゃえば?」という、根拠のないポジティブぶりに、私は呆れました。それで、結果が同じならネガティブに考えるよりポジティブに考えよう、と思うようになりました。人生だって、最後の結果は死あるのみです。だったらポジティブに考える方が、笑う回数が増えて得かな?と思います。

ブログには書ききれませんでしたが、2010年はブログを書き始めて、そのつながりでelsさんはじめ、いろいろなコペン在住の方にお会いできた1年でもありました。一人で悩んでいたことも、おなじデンマーク在住で苦労している人と話せば、ふっと楽になりました。ありがとうございます。

No title

mixiの日記にもコメントしたと思うので帰国の決断については書きませんが
振り返って「よかったこと」をちゃんと挙げられるのがいいなぁ、と思います。
ポジティブ思考の証拠みたいな感じですね。

ところで、今見ている番組で脳トレの茂木先生が言っていたのですが
何歳になってからでも、母国語以外の言語を習得した人は認知症になりにくい
というデータがあるのだそうです。
そこでちらんちゃんの顔が頭に浮かびました。いいなぁ~。
いいなぁ、と言いながらも努力のできない私なのですけれど。

のりすけさんへ

コメントありがとうございます。

ネガティブなことはあげればいくらでも出てくるんですが、そんなのわざわざブログに書かなくても、書きたければ自分の手帳なり、本当に話せる友人に話すなりすればいいことだし、実際書いてみると私はなぜか途中でバカバカしくなってきます。なんで怒り・悲しみ・不幸をわざわざ一般公開する必要があるんかいなと思っちゃうようになりました。

茂木先生の話、興味深いですね。私が次に覚えたいのは、昔大学で習って挫折したロシア語とドイツ語です。たしかに、語学にはちょっと変わった思考が必要だなと感じます。
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。