FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならデンマークその3 CPRナンバー制度のこと 2

前回の補足

昨日少し書いたNEM IDですが、今日実際に自分で正規登録して、使ってみて分かりました。ネット銀行とネット確定申告のIDの統合だけでなく、その他公的なサービスで個々に設定されていたログインIDを、このNEM IDに統合できます。一部のプライベートなサイトのログインIDも統合できます。NEM IDの番号とパスワードだけをしっかり管理すればよくなるので便利です。
NEMIDのホームページ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CPRナンバーは、私のような外国人登録者で、デンマークを出国してもう戻る予定がない場合も、出国後10年間は私の番号として保管されます。10年以内にもう一度デンマークにもどって住む場合は、同じ番号がまた使えます。

CPRナンバーで、個人のデータを紐つけして管理するのは、データ管理のやり方としてもすごく理にかなっていますし、少なくとも、戸籍で家族を管理するより、CPRナンバーのような個人番号で、個人を管理する制度のほうが、ずっと効率いいと私はおもっています。個人番号制では、大雑把に言えば、ある人が誕生した時と、死亡した時に、特にデータがしっかり管理できればいいですが、戸籍制では、家族でひとつのID番号を持っているようなもので、人が結婚、離婚、養子縁組などで戸籍を移動するということは、その人が持っている家族ID番号が随時変わるということです。人によっては、個人を特定できる番号自体が、生きている間に何度も変わるわけです。当然、付随してくる個人データも不安定になりやすいです。昨年夏のような、生存不明のお年寄りや、小学校の入学案内が来ない子どもや、年金記録のミスなどが出やすい制度だと私は思います。家族がまともか、そうでないかにかかわらず。

昨年夏、私は日本に一時帰国していて、100歳以上のお年寄りが生存不明というニュースを毎日のように見ていました。あの問題を、マスコミは家族の連帯感の問題で片付けていたのが、私にはすごくバカバカしく思えました。連帯してない家族をもつ人のデータは管理しきれない役所のシステムと、そのシステムを見直さないで使い続けてきた役所の怠慢のほうがむしろ問題でしょうよ。家族全員が全員仲良く一つ屋根の下に住んで、お年寄りをしっかり面倒見られる家族の方が、今時珍しいのに。

それに、別のところに一度書きましたが、日本で、夫婦別姓を求めて裁判を起こした人のニュースが少し前にありました。これも個人番号制なら、結婚後に夫婦同姓でも夫婦別姓でも、個人番号自体は変わらないので、姓の選択は本当に個人の自由になって、裁判を起こすまでもなくなるのにと思いました。同姓にしなければならないのは、戸籍を同じくするメンバーが別姓だと、データ管理する側が都合悪いからですよね?夫婦の連帯感の問題や、結婚した実感を得る得ないとか、男尊女卑の問題ではないと私は思うのですが。別姓夫婦の間の子どもの姓も、20歳になったら好きな方を本人に選ばせればすむ話。

なにより、日本では個人を特定する個人番号がないので、戸籍謄本か抄本でないと、自分が何者なのか確実に証明できず、普段は車の免許くらいしか、毎日携帯できる確実な身分証明証がないのが、いちばん不安です。パスポートは持ち歩きたくないですし、そもそも全員が持てるわけではない自動車免許やパスポートでないと、自分を証明できにくいことに、何か違和感を覚えます。

学生証のない、小学生以下の子どもはどうやって身分を証明したらいいのでしょうか。小学生だって、小学生の世界で身分証明しないといけない機会があります。例えば、成長が早くて身体が大きく、子ども料金で電車に乗ろうとして、駅員さんに間違って怒られる子がいます。どうやって自分が小学生だと「その場で正式に」証明したらいいでしょうか。

一方、成人している私は、今現在、日本の自動車免許も、健康保険もないです。このまま日本に戻り、仮に、免許切替も住民登録も故意にしないまま過ごし、パスポートの有効期限が切れたら、私はやはり戸籍抄本でももらってこないと、何も自分を一発で確実に証明するものがないのでしょうか。年金手帳・・・? 個人番号証のような、年齢に関係なく、自動車運転に関係なく、国内にいても外国に出ていても、ちゃんと自分は日本人の誰某であるという証明が一発でできるものがないと困ります。話が身分証明と戸籍制度への批判になってしまいましたが、こういう、日本にいたら当たり前の制度への疑問は、日本からいったん外に出てみないと感じにくいでしょうね。

私はまもなく日本に帰ります、きっと、生活に適応するために、相当リハビリが必要でしょう。例えば、上の人に忌憚なく意見したり、自分の判断を優先にする姿勢は、日本では時に大きなマイナスになります。リハビリは絶対必要ですが、リハビリをしつつも、外の世界で培った、外国人としての対人コミュニケーション術や、外の世界から感じた、日本への疑問・日本の意外ないいところ等々は忘れずに、次なる人生のステージへ生かしていこうと思います。

ブログはこれでいったん閉店します。日本での生活が落ち着いたら、再び開店します。私が愛したロスキレフェスティバル2010のことも結局書けていないですし、集めたビールラベルコレクションも紹介したいですし。あ、資金と時間の目処がついたら、ロスキレ2011に乗り込んでいってしまうかもしれません…IRON MAIDENも来るというし…。

それでは、読んでくださった皆様、コメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。しつこいですが、北ユランには、都会では知ることのできない別のデンマークがあります。あなたのデンマーク観が、いい意味でも悪い意味でも刺激される場所です。北欧を旅行する際はぜひ足を運んでみてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。デンマークには二度行ったことがあります。といっても、コペンハーゲンだけですが、、。突然ですが、Iron Maidenお好きなんですね!?昔、埼玉アリーナでアイアンメイデンフェスティバル(だったか?)のバックステージでメンバーと会ったことがあります!皆さん、意外と普通のおじ様でした。懐かしくて、トピズレコメントしていまいました。また、ゆっくり過去記事を読ませていただきます。

りおさんへ

コメントありがとうございます。

Iron Maidenは、デンマークに滞在していたころ、私の周りにやたらファンが多く、CDを聴いていて、生でも聴いてみたいなあとずっと思っていました。ただ、Iron Maiden単独のコンサートにいきなり行くのはどうも勇気がないので、ロスキレフェスティバルでまずは聴いてみたいなあと思っています。Iron Maidenは日本にもちょくちょく来ているのでしょうか?意外と普通のおじさまというのに驚きました。あんなすごいCDジャケットなのに…。
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。