スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roskilde Festival 2010 マイナス5日目

2010年6月26日(土)ウォーミングアップ初日

何もウォーミングアップなんてしなくても、音楽だけを楽しみたいのなら、7月1日~4日だけ過ごせばいいのです。しかし私は例年、ウォーミングアップから参戦しています。私は2009年は学生、2010年はプーだったので、休みは好きなように取れたわけですが、毎年一緒に参加するフェス仲間は、ほとんどが社会人です。皆さん、何ヶ月も前から、RoskildeFestivalにあわせて休みをがんばって取るのだそう。

ただ、RoskildeFestivalは基本はテント持参、テントの場所取りは早い者勝ちななので、よいテント場を確保したいのであれば、ウォーミングアップ初日の朝から来ないと確保ができません。

よいテント場とはこんな感じ(適当)。
・コンサート会場に近すぎず、遠すぎない(近いとうるさすぎる、遠いとコンサートに行く気がなくなる)
・トイレに近すぎず、遠すぎない(近いと臭い、遠いとトイレがめんどくさい人が、テントの周りで立ちションする)
・通路に近すぎず(歩く人の砂埃がすごい)
・売店や屋台に近すぎず、遠すぎない
・水道にそれなりに近い

私と元ホストパパF、元同居人Lの3人は北ユランから参戦するため、どんなに早く家を出ても、よいテント場が取れるとは限りません。そこで毎年、GET A TENTという特別チケットを買っていました。一般のチケットより500DKKほど高いチケットです。詳しくはこちら。このチケットだと、下記のような特典がついてきます。この便利さにお金を出すかは、その人次第です。もちろん、こんな便利なのはRoskildeじゃねえ!という人もいるでしょう。

・スタッフが、GET A TENT専用の芝生のテント場に、テントを建てて用意していてくれる(一般のテント場は土の上、場所取りは早い者勝ち)
・温水シャワーをタダで使い放題(水シャワーは無料だが、温水シャワーは一回35DKK)
・トイレが水洗(一般テント場のトイレは汲み取り)
・コンサート会場から適度に離れているので、寝るときは静か。
・テント場の脇に、売店、クローク、水道、シャワー、トイレが全部そろっている。
・わざわざ高いお金を払う人たちがGET A TENTの専用テント場に集まるので、そうそう非常識な人はいない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9:00、われらの町を出発。車で東ユランの鼻先・オーフスの東にあるエーベルトフト(Ebeltoft)へ向かい、そこからフェリーでシェラン島へ渡れば、Roskildeの街にあっという間に到着します。


エーベルトフトのフェリー乗り場から。参戦初日にふさわしい、いい天気になりました。
298.jpg


Roskildeに到着したのがちょうど昼頃。まずは紙のチケットをアームバンドに交換します。チケットをオンラインで買うと、紙のチケットが自宅に郵送されるのですが、これはもちろん記名式では無いので、アームバンド交換前に掏られたり盗まれたらアウトです。そう。交換所には、このチケットを掏る人がいるのだそうです。かなり高額なチケットなので、交換するそのときまで、管理には厳重注意が必要です。


チケットをアームバンドに交換する人の列。地面がゴミだらけなのは、もう前日、前々日の夜からこのあたりで飲んで騒いでいる人たちがいるからです。
300.jpg


チケットはアームバンドに交換され、同時にガイドブックがもらえます。ガイドは英語・デンマーク語が選べます。窓口でアームバンドをつけてもらったら、忘れずに窓口の先にいる係員に、アームバンドの留め金をしっかりつぶしてもらい、絶対に外れないようにしてもらいます。私はこれを忘れ、アームバンドがゆるゆるなままでいるのが係員に見つかり、「盗んだアームバンドをしている」と疑われ、あやうくアームバンド没収になるところだったことがあります。フェス仲間の弁明のおかげでそれは免れましたが、少人数もしくはひとりで参戦する方は、そういう細かいところもお気をつけて。


無事にアームバンドを手に入れました!
301.jpg


GET A TENTのテント場は18:00に開場、一般テント場より開場が遅いです。ではそれまで何をしているかというと、まあ、駐車場で適当に飲んで、昼寝でもしていればいいわけです。
302.jpg


テント場が開くころ、スウェーデン、ノルウェーからのフェス仲間達が到着。皆、普段はFacebookで連絡を取り合い、Roskildeのときにだけ一堂に会する仲間です。毎年、GET A TENTのテント場で、皆隣り合うようにテントを登録して、元ホストパパFが旗を立てます。これは私達のキャンプの目印。女性用トップスで作った適当な旗なので、私達のキャンプの名前はTOPCAMPです。
303.jpg


荷物を運び込んで、20:00、RoskildeFestival ウォーミングアップの始まりです。
304.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。