スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roskilde Festival 2010 マイナス3日目

2010年6月28日(月)ウォーミングアップ3日目

---余談----------
およそ10年前、自分が20歳のとき、大学の夏休みにザックを担いで、北海道を列車とバスで回りました。そのとき、なぜかあちこちで、30代前半の方にお会いしました。「今、ちょっと仕事をお休みして、北海道を回ってるんだ。秋からはそろそろ仕事しないとねー。」という、どこかすがすがしく、のんびりした皆さんでした。10年後、自分も、今ちょっと仕事をお休みしている人になって、北海道よりさらに北に行ってしまうとは思いもよりませんでした。大変すがすがしく、のんびりさせてもらいました。こうして働いているいま、あの時間がほんとうに貴重なものだったのだと実感しています。
---余談ここまで----


ウォーミングアップ期間中は、本当に自分の好きなように一日の過ごし方をアレンジできます(こちら参照)。一日中お酒を飲んでいるもよし、ロスキレ市街地を見学してくるもよし。この日も私は、フェスのこともお酒のことも完全にほったらかしで、朝からヘルシンオア(Helsingør)に出発しました。クロンボー城を見るためです。そして、シェラン島東部の、景色のよい海沿いの道路を自転車で走ってみたかったのです。帰りは列車に自転車を載せて帰るつもりでいました。結論を先に言うと、帰りも自転車で帰ったのですが。

思い立って突然行ったので、なんと、地図もコンパスもありません。それでも鉄道大好きなので鉄道路線図はおおよそ頭に入っていますし、前日にコペンハーゲンまでは自転車で行っているので、コペンハーゲンの手前で北に進路を変えればいいのだ、ダメなら途中で列車に乗ろう、という安易な考えで強行出発したのでした。ロスキレ(Roskilde:地図L地点)からロズオア(Rødovre:B地点)まで行き、そこから進路を北へ。道路案内標識を見ながら、なんとなくゲントフテ(Gentofte:D地点)通ってクランペンボー(Klampenborg:E地点)に行けば海側に出るだろよーという、いいかげんなルートで細かい道をさまよいました。地図上のルートは、本当に通ったのではなく、たぶん通ったと思われる道です。
323.jpg


道路標識だけで超テキトーに走ったのに、本当に海に出た(笑)!
324.jpg


海沿いの道に出たら、そこからはひたすら一本道で、道沿いに北上です。北シェランは、どうやらお金持ちな方々が住んでいらっしゃるようで、海を見下ろす高台に邸宅が立ち並び、道沿いのスーパーは高級スーパーIrmaしかなく、FN派の私には敷居が高いのでした(FN=FaktaとNetto。安さがウリのデンマークの庶民スーパー)。何人もの本格チャリダーに追い抜かれながら、衰えた体力に自分で驚きながら、のろのろ走ること4時間以上。午後5時、ヘルシンオア(Helsingør:F地点)到着。

行き当たりばったりのサイクリングなのだから仕方ないのですが、クロンボー城に到着したとたんに、城の閉館時刻になってしまいました・・・。
325.jpg


ここまで来たのに城に入れないのは、ちょっと悔しかったのであります。そして、意外に列車の運賃が高い。ロスキレまでクリップコートという、ちょっと運賃が安くなる回数券を使っても45DKK(約900円)。自転車を載せるとさらに高くなります。お城も見られなかったのに電車賃だけ払うのは悔しくなり(ケチともいう。)、帰りも自転車で帰ることに。帰りは海沿いではなく、ロスキレに向かって直進するような感じで帰れば近道だろうという、これまたテキトーな判断で、山側から帰ることに。
326.jpg


ほどなくして幹線道路を見つけ、「ロスキレまで45km」と書かれた標識も発見。この道を進めば自動的にロスキレに行けるのです。これなら暗くなる23時頃(デンマークはこの時期、そのくらいの時間まで十分明るい)までには帰れるだろうと判断したのですが・・・甘かったです。なんと、ヒラロズ(Hillerød:G地点)から、幹線道路は高速道路と合流し、自転車は道路に進入できなくなってしまったのでした。
327.jpg


ヒラロズで、この先どうしようかと悩みました。いい事を思いつきました。バスの路線どおりに走っていけば、次の街へいけるのです。ヒラロズ市街のInfoで、近辺の比較的大きい町の位置を確認。フレデリクススン(Frederikssund:I地点)にいけば、そのまま南下してロスキレに行けるとわかったので、今度は方角とバス停に注意しながら田舎の細道を走り始めました。とにかくヒラロズから南西に進めばフレデリクススン、方角は太陽の方向でおおよそ分かるので、信じて道を進めば、ちゃんとバス路線を走ることができていたようです。


首都コペンハーゲンがあるシェラン島でも、ちょっと街を離れれば、このような風景が広がります(G地点)。私が住んでたところとどっこいどっこいの田舎じゃないの・・・。
328.jpg


しかしながら、バス路線を走るということは、幹線道路より何倍も遠回りしているわけで。まさかの夜10時にやっと、フレデリクススン到着。フレデリクススン市街で、今度はロスキレ行きのバス路線を探し、停留所の名前をメモり、再びバス停に注意しながら田舎道を走りました。写真はフレデリクススン付近のフィヨルドの夕暮れ。
329.jpg


途中で日が暮れました・・・。いままで、太陽の位置でなんとなくつかんでいた方角が分からなくなりました。幸い満月に近い日だったので、月の位置でアタリがつきました。フェス仲間に携帯で生存連絡をし、バス停に沿って走っていくと、途中でヒラロズで離れてしまった幹線道路を発見。またただの幹線道路に戻っていたので、そこを走ってロスキレへ。
330.jpg


無事テントに戻ったのは、夜中の1:30でした・・・。フェス仲間の何人かが、お酒を飲んで待っていてくれました。
走行距離は、約150kmでした。パンクでもしていたら、ライトが切れていたら、水を持っていなかったら、何が起こっていたかわかりませんでした。装備のない無謀なサイクリングは、もう絶対やめようと肝に銘じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわぁぁ、すっごい。
この距離を1日で走れるとは脱帽ものです。
そしてロスキレ中にこれをやってしまうのも表彰もの、笑。

No title

すみません。さきほど57kmで驚いてコメントした者です・・・走行距離150kmって、いったい何者なんですか!!??(笑 私の自転車みたいに1ヵ月半で4回パンクしてしまう自転車じゃなくてよかったですね!
私もFN派です。ただし今はSuper Bestが日本のスーパーみたいに「シールを集めてプレゼントをもらえるキャンペーン」をしているのでそれに乗っかってちょっとグレードアップ。目標のフライパンがもらえたらまたFNに戻ります◎

あこさんへ

コメントありがとうございます。

走ってしまいました。北ユランで金なしのプーで生活していると、走るか自転車こぐか森を歩くかくらいしか娯楽の選択肢がありませんでした。走るのは嫌だったし、森は魔物が出るかもしれないので消去法で自転車になりました。ほぼ毎週末自転車をこいでいたら、ああなりました・・・。

hoyaさんへ

コメントありがとうございます。

> いったい何者なんですか!!?? → 暇人です・・・。

SuperBestがそんなことをやっているんですね。フライパンがもらえるんですか?けっこういいものもらえるんですね。
FNのNの方は、チラシに載っているものを店で見つけて買えたことがほとんどありませんでした。なんでだろうー。なので私は主にFが主流でした。
プロフィール

syltetoejsglas

Author:syltetoejsglas
はじめまして。syltetoejsglas (デンマーク語で「ジャムの瓶」の意)です。大学でジャム瓶を使って実験をしていたので、こういう名前です。
現在、デンマークでの大学院生生活を終え、プータロー生活を1年近く大満喫の後、日本帰国。4月から専門職で社会人復帰しています。
このブログは、デンマークなのにデンマーク人にすらデンマークと思われていない(?)デンマーク最北部での野趣あふれる生活を懐かしみつつ、私のいまだ不慣れな日本での日常生活を淡々と綴るものです。

よろしければクリック↓お願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。